2018年12月9日日曜日

◆No34郡山市バスケット教室(12月9日・守山小学校)★高校受験生の親の心得【過干渉】について!

◎上記は12月9日(日)郡山市バスケットトセン活躍を守山小学校体育館で行いました。

※練習内容については先週に引き継ぎ、男女ともにシュート主体に3対3からのスイング・フレアースクリーンからペネトレート・パス3P合わせ。ゲームをしました。
受講生はあらゆるプレイを平常心でやれるように、なつってきました。そして、楽しくのびのびやっていた。

※指導者は鳥居センター長、斎藤政雄先生には県南高校新人大会(郡山市)の中、おいでいただきご指導をしてもらいました。



●名言をあなたに(柳井正・ユニクロ)


★どれだけ良いアイディアがあっても、
実行しなければ成功もしないし、
失敗もしない。
それは時間のムダでしかないでしょうか。


★「周りからは、けなされ"無理だて言われてきた。
でも他人に自分の限界を決めさせたくなかった。」
(田臥勇太・栃木ブレックス)



■【鳥居センター長の独り言】no1
受験生ブログから「高校受験生の親の心得?」『過干渉』


★※【過干渉】no1【無関心】no2【比較】no3


「勉強してる?」・「模試の結果、悪かったわね」・「そんなことじゃ受からないわよ」
受験が近づいてくると、親から子への悪影響を与える言葉が連発されます。

※親としては悪げがなく、本人のためを思っての言葉だとは思いますが、はっきり言って余計なお世話になります。

※本人は勉強時間が足りないことも分かっているのに、反発を生むだけです。
「自覚というのは」おのずからさとる、ことを意味します。

※子どもは十人十色で「育て方」ではなく「育ち方」を大切にしてほしいものです。

2018年12月4日火曜日

●2019男子バスケアジアW杯2次予選・カザフ撃破で6連勝!★天皇杯94回・皇后杯85回はベスト8決まる。

◎上記は12月3日(月)・富山市総合体育館で男子バスケアジアW杯2次予選をを行われました。国内最終戦です。

※対戦相手はカザフスタンは日本代表より格下ですが、エースの渡邊雄太(NBAグリスリース)・八村塁(NACC1部カンザガ大学)が不参加の中での6連勝です。

※ニック選手の41得点や比江島選手・馬場選手の活躍で進撃が止まらない。
W杯出場圏内のグループ3位に浮上した。
来年2月に敵地でイラン、カタールと対戦する。



■【鳥居センター長の独り言】第85回皇后杯ベスト8決まる。秋田銀行・山形銀行が大健闘!


★第94回天皇杯・85回皇后杯がベスト8が出揃いました。
※1回戦で秋田銀行は56対53でアイシンAW(WJBA)実業団1部を破り、東北の意地と力を見せてくれました。

※秋田銀行には矢上若菜選手(福島西~専修大学)・星希望選手(福島西~拓殖大学)がチームをリードして主力選手で活躍をした。ご立派です。

※山形銀行も54対66日立ハイテク(WJBA)に奮闘していた。

★ベスト8はJX-ENEOS・デンソー・トヨタ自動車・富士通・シャンソン化粧品・三菱電機・トヨタ紡織・日立ハイテク

★ファイナルラウンドは2019年1月10日(木)~13日(日)
会場は、さいたまスーパーアリーナ

●天皇杯男子チームでも、福島県出身者が奮闘しています。

◎栗原貴宏(日大東北・栃木ブレックス)・◎菊池真人(日大東北・名古屋ダイヤモンド)・◎菅野翔太(福島工・ファイヤーボンズ~三遠ネオフェニックス)
今後も応援していきます。

2018年12月2日日曜日

◆No33郡山市バスケット教室(12月2日・守山小学校)★全国ウィンターカップ・県代表「福島南・郡山商(女子)」対戦相手決まる

◎上記は12月2日(日)、郡山市バスケットトレセン活動を守山小学校体育館で行いました。
練習メニューはシュート主体に確率を高める為の体幹・実戦方法について徹底指導を行いました。

指導者は鳥居センター長・椎野収一さん・斎藤政雄先生です。


●《練習内容について》感想
1・トリブルシャトルランでアップ(キックターン・バックステップ・レックスルー)
2・シュートドリル2人目一組スタンディング・3Pシュート・(リバースターンバックステップ)
3・4対4から4対3のアウトナンバーから4対4
4・ゲーム
男女ともに力の抜き方がプレーで上手く、適切に切り替えができるようになってきている。
言葉では簡単だが、すごいことです。高校生の胸借りてやっているからですかね。
シュートは斎藤政雄先生のご指導で適切に、丁寧に実践のシュートを理論的に指導していただきました。
(ミニ、中学生にもご指導していただきたいですね。)




◎※名言をあなたに(本田宗一郎氏・ホンダの創業者)


★「若いくせに、周囲ばかり気がねして、コセコセとちぢかんで生きている若者が世の中にはたくさんいる。
これでは、若者という名の皮をかぶった老人にすぎない。」


★「本当にすごい夢が姿を現したとき、つかまえなくちゃいけない。」
(ラリーペイジ・GoogIe創業者)



■【鳥居センター長の独り言】全国ウィンターカップ・郡山商対戦相手(岡山就実高)ベスト8を目指す


★第71回全国ウィンターカップ大会女子福島県代表郡山商は1回戦就実高(岡山県)に決まりました。

※攻守で圧倒し、県予選を勝ち抜いた郡商が3年連続の全国舞台に挑む。
日韓中ジュニア交流競技会のU-18日本代表に選ばれた生田目汐織選手の(3年)は鋭いドリブルを武器に攻守両面で要となる。

※チームを精神的に支える主将佐藤茜選手(3年)は勝負強いプレーが持ち味。
佐藤すみれ選手(3年)はオールランダーで3点シューターなど多彩な攻撃を得意とする。

※松本理監督(U-18日本代表コーチ)は「あたり負けない、体を作ってきた。ベスト8を目指す」と意気込んだ。


★男子優勝校・福島南高校で4年連続4度目の出場です。
水野ヘッドコーチは「決勝で浮き足立つことなく、盤石の試合を演じた選手たちに「心の部分で大人になった。選手に自信が見えた。」

※相手チームが決勝まで進出した敬意を表してのベンチワークには感動いたしました。


●チームBraves(前郡商Braves)は東北大会で準優勝を果たし、全日本社会人バスケット選手権(鳥取市)を2年連続出場を決めました。
※ご協力、ご声援をお願いいたします。

2018年12月1日土曜日

●2019年バスケ男子W杯アジア2次予選エース不在で奮起★5連勝・カタール戦を38点差で撃破!

●2019年バスケ男子W杯アジ2次予選は11月30日(金)富山総合体育館で行れました。

※カタール戦、カザフスタン戦(12月3日)には米ゴンザガ大学八村塁選手、米プロNBAグリズリース渡邊雄太選手は不参加で富山出身の馬場雄大(A東京)は「Bリーグの力が問われている。」と気合十分だった。

※現在日本は4勝4敗で残り4試合、2月敵地で強豪イラン戦残すため国内最後の戦いとなる。
富山での2戦は負けられない。世界ランキングでは格下だが、油断は禁物だ。

※ファジース・ニック(川崎)や比江島(ブリスベン)・ガード冨樫勇樹(千葉)は「攻撃・守備もいつも以上にやらないと」いけない。
W杯出場圏外で崖っぷちの状況が続く中での5連勝。

※先発は冨樫勇樹・比江島慎・田中大貴・竹内譲次・ニックファジーカス



■【鳥居センター長の独り言】NBA序盤戦「伏兵」躍進目立つ(今季自己最多のリバウンド12・渡邊雄太)


★昨季王者ウォリアーズが故障者など6季ぶりの4連敗、渡邊雄太選手がデビューしたグリズリーズや無名選手の多いクリッパズなどが躍進。

※AP通信は「説明が難しい」、ニューヨークタイムス「狂った序盤戦」と表現した。
ちなみに、渡邊雄太はサンズ戦で9得点、今季自己最多の12リバウンドを記録した。

2018年11月26日月曜日

◆No32郡山市バスケット教室(11月25日・郡山高校no2)★全米大学NACC・八村塁選手(ゴンザガ大学)はデューク大を破り優勝●貴景勝(22歳)初V

★郡山高校男子の練習・ゲームとの活動です。
◎11月25日(日)、郡山市バスケット教室を郡山高校体育館で行いました。

試験前忙しいところ、遠藤心平先生・郡高生本当に有難う御座います。
トレセン生・スタッフ感謝しています。今後もご指導のほど、よろしくお願いします。
練習内容については前回ブログ同様です。



【鳥居センター長の独り言】八村塁選手(ゴンザガ大学)米ESPNパラーランク1位


★米大学バスケトーナメント「アウト・インビテーショカレ」は決勝が行われ、八村塁選手(ゴンザガ大学)89ー87でデューク大学を破り、頂点に立った。
9年振りの優勝を飾った。
中でも八村塁選手は20得点、7リバウド、5アシストを記録し、MVPにも輝いた。


★渡邊雄太選手(NBAディビョー)は「マウイ・インビテーショナル」でMVPを獲得した八村塁選手の活躍が刺激に渡邊雄太はマッドアンツ戦でキャリアハイで32得点を獲得した。



■【鳥居センター長の独り言】貴景勝(22歳)、弱気の自分に打ち勝つ初V


★精神的強さが魅力の貴景勝が初めての感覚に襲われた。高安に敗れ2敗で並ばれた夜。

「寝たけど寝てないみたいな感じ」と打ち明けた。千秋楽の朝の稽古で気丈に振る舞ったが、天皇杯が懸かる勝負に向け弱気と闘っていた。

元貴乃花親方は角界を去ったが、鍛えてもらった足腰で前に出続け新天地での快挙。「結果を残さないといけないと思っていた。」

2018年11月25日日曜日

◆No31郡山市バスケット教室(11月25日・郡山高校)★部活トラブル「不登校」休部してもいい診断書

★女子の練習・ゲームの活動中です。
◎上記は11月25日(日)・郡山市バスケットトセン活動を郡山高校体育館で行いました。県南地区高校新人戦前の準備等で忙しいところ、ご指導していただき有難うございました。

男子は遠藤心平先生(福島教員A.全国3位)・木村先生に女子は吉江さん・田柳先生にご指導をしていただきました。
他に鳥居センター長・清和副センター長・中野目未来先生・椎野収一・星幸宏(橘ミニ)さんです。


●《練習内容について》感想
男女ともに郡山高校の練習メニューで行いました。
試験前で2時間練習の為、基礎技術後ゲームに入りました。

ゲームは高校生の胸を借りて、のびのび少し自分で考えてやれるようになった気がします。
またボールを前に進め、空いたらシュート、当たってきたらリングに突破する。

郡高生が実戦的にやってくれていますので、中学生は大変勉強になります。有難いです。感謝します。



■【鳥居センター長の独り言】NBAグリズリーズ渡邊雄太選手・バックス戦途中出場


★NBAグリズリース渡邊雄太選手は敵地ミルウォーキーでバックスと対戦し、前半に途中出場で7分46秒プレーし、デビュー戦以来2試合目の出場をした。
無得点、2リバウンドだった。



■【鳥居センター長の独り言】不登校を読む「部活・休部してもいい」民友社から
(療育園施設長・上野良樹さん)


★大人数の部になるほど、人間関係のストレスやプレッシャーは強くなり、部活を避けるために不登校という手段を取らざるを得ない子も出てきます。

★辞めるには、顧問や親に理由を聞かれます。
部活が嫌いななったわけではありません。「なんて言えばいいのだろう」と悩みは深まるばかりです。
想像するだけで気が重くなります。

★実は「休部」という選択肢もあることを知らない子もいます。休部には診断書が有効です。
私から子どもに勧めます。「ドクターストップで休部することを先生から皆に知らせてもらえば、それ以上は誰も休部の理由を聞かないからね」

★もし部活に行きたくなったら、今日は少し調子がいいので来ましたって言えばいいよ。
学校を休むためではなく、行きやすくするための診断書なのです。

2018年11月19日月曜日

◆No.30郡山市バスケット教室(11月18日・男子:日大東北、女子:帝京安積)

11月18日(日)のバスケット教室は、男子が日大東北高校、女子は帝京安積高校で開催しました。今回お世話になった高校は、先月のウィンターカップ県大会で準優勝した強豪です。

男子は日大東北高校、県中地区選抜のU13チーム、U14チーム、トレセンチームでリーグ戦形式によるゲームを行うことができました。
参加者は8名と少ない中、実践形式で充実した活動を行うことができました。
日大東北高校の斎藤先生をはじめ、県中地区選抜スタッフの先生方に感謝いたします!

女子は16名が参加し、帝京安積高校の一ノ瀬先生のご指導のもと、ファンダメンタルからゲームまで、真剣かつ楽しい練習に参加することができました。
高校生に終始和やかな雰囲気をつくりだしていただき、とても良い1日となりました。感謝いたします!

2018年11月18日日曜日

●第1回東北社会人バスケットボール選手権大会・全国大会出場【女子準優勝チームBraves】★伊藤美誠は『大魔王』警戒中国卓球界

◎上記は11月17日(土)~18日(日)、第1回東北社会人バスケットボール選手権大会があづま総合体育館(福島市)で行われました。

※チームBraves(郡山市)が決勝でA-BITS(青森)に惜敗したものの、準優勝をして第1回全国社会人選手権大会出場(鳥取市)を2年連続で決めました。

※中野目未来主将・コーチは「チーム名郡商BravesからオールBravesに変え、心機一転して練習試合やリーグ戦等大会に備えてきました。
その成果が全国社会人選手権大会出場につながったので嬉しかった。」

※全国大会は3月鳥取市で行われます。前回(佐賀県)に2年連続出場で自己出費が多く困惑しております。
ご協力.ご声援のほどをよろしくお願いします。



■【鳥居センター長の独り言】卓球の国際大会で中国は伊藤美誠は『大魔王』


★中国共産党機関紙は、卓球の国際大会で中国トップ選手を相次いで破った伊藤美誠について「『大魔王』が現れた」と驚きをもって伝え、中国の卓球界が警戒を強めていると報じた。

★「伊藤美誠選手と向き合うときは、戦術や試合に臨む心構えを変えなければならない。」との中国の卓球女子監督の言葉は「彼女の実力は超一流だ」として警戒するよう呼び掛けた。

2018年11月17日土曜日

●全日本社会人バスケット選手権東北ブロック予選★女子「チームBraves(郡山市)」準決勝進出決める。

◎上記は11月17日(土)第一日目で全日本社会人バスケットボール選手権東北ブロック予選をあづま総合体育館で行いました。

女子チームBraves(郡山市)第1代表はdrfi(岩手)を破って準決勝進出を決めた。
準決勝.決勝は18日(日)あづま総合体育館で全国大会(鳥取市)を目指して、行われます。

2018年11月13日火曜日

●県ジュニア新人大会(中学校)観戦から「センター長の独り言」★「勝つためのシリーズNo5」選手の心得について

◎上記は11月10日(土)~11日(日)、第45回県ジュニ新人戦があいづ総合体育館で行われました。
男子優勝は二本松2中学校・第2位平1中学校
・女子優勝郡山3中学校・第2位白河東中学校です。



◎※名言をあなた(バスケ卒業予定者に贈る言葉)


★「よくできたね」とほめるのではない。
「ありがとう、助かったよ。」と感謝を伝えるのだろう。
感謝される喜びを体験すれば、自ら進んで貢献を繰り返すだろう。
(アルフレッド・アドラー)


★夢を求め続ける勇気さえあれば、
全ての夢は必ず、実現できる。
(ウォルト・ディズニー)


★人生とは自分を探すことではない。
人生とは自分を作り出すことだ。
(バーナード・ジョー作家)



●「勝つためのシリーズNo5」選手の心得について。



★どんなに小さなことであっても必ず準備がいる。

※負けたことのない相手であっても戦う前にもう一度調べ直した方がいい。

※安易な気持ちがいつか、自分の墓穴を掘ることになるよ。


★他人からやらされているのは練習しているとは言わない。


★悩みが多いことは一生懸命やっているという証拠である。

※真剣に生きているからこそ自分自身のことが気になる。


★優れた選手とは、うまくいかない時に立ち直るきっかけ作りを自らやれる選手のことである。

※すごいプレイをする選手なのに、うまくいかないとすぐふてくされる選手がいる。「頼りにならんね。」



■【センター長の独り言】県ジュニアバスケ大会の観戦から(中学校)



★第一日目の男女のゲームを観戦してきました。
男子は1年生に上手い選手が多く、スピードありシュート力あり、目立って活躍していました。
1回戦で大敗したチームでも、修正をすれば技術的に遜色がない。信頼する指導者に点検してもらうといいですね



★女子は各チームに数名主力選手がいてい活躍していました。
しかし、まだ体幹が弱く、ディフェンスが未熟で迫力に欠ける。
フィジカルを強くするために、専門家の指導をお進めます。
あまり目先にこだわらず、高校・その先の進路を考えて指導していくといいですね。