2018年9月20日木曜日

●FIBA・W杯アジア地区2次予選・男子日本代表★強豪イランを破り、4連勝!「東京オリンピック」目指せ

◎男子日本代表FIBA・W杯アジア地区2次予選で強豪イランを70対56で破り、4連勝した。

※大歓声の後押しを受けたAkATSUKI・FIVE男子日本代表が70対56で強豪イランを破り、4連勝と勢いに乗ります。
東京オリンピック出場を獲得して下さい。



■【鳥居センター長の独り言】高望み、メンタル、練習、準備(スカウティング)、東京オリンピック出場
文は一部ブログから抜粋



★フリオ・ラマスヘットコーチは
「ディフェンスのレベルは維持し、オフェンス面ではもっとボールを回しながらチームとして戦っていこう。」

★竹内讓次選手は
「相手のメイサム・ミルゾイ選手にリバウンドを獲らせないという気持ちで臨む。」

★渡邊雄太選手は
「今日はシュートタッチが悪かったので、シュートを決められないならば、相手に決められないならば良いと思って、プレーしていました。
「今日はディフェンスの勝利です。」

●日本代表選手や監督は綿密なゲーム計画・目標設定してやっています。
※ファイア・ボンズも綿密なゲーム計画・目標設定をブースータにもわかるようにするといいですね。



■【鳥居センター長の独り言】日本代表の司令塔・富樫勇樹(24歳・千葉ジェッ)


★富樫勇樹の経歴は新潟県本丸中~モントローズ・クリスチャン高校~秋田ノーザン・ハピネッツ~NBAマーベリックス傘下テキサス・レジェンズ

※ちなみに、勇樹の父は富樫英樹氏(開志国際高校・インターハイ優勝や全中優勝)
母は須賀川女・桐陽高校で選手で活躍、センター長の教え子です。(自慢をしています。)バスケ一家です。


★勇樹はゲームメーカから「空いたら打つ」「プレシャーはなかった。」勝因は「50点台に抑えたディフェンスがすべて」司令塔を務めた勇樹の貢献も見逃せない。
(9得点・2アシスト・4リバウンド)


★この堅守をもたらした要因「試合序盤はゾーンDefが機能しない、ローティションの部分で間に合わないことが多かった。

★それから3コーター、マンツーに切り換えて切り離すことができました。
※八村塁選手や渡邊雄太選手といしょにやっていると「楽しかった」「平常心でプレーできたこと」勇樹の活躍の要因だった。


※次戦は11月30日(金)、カタール戦19:00富山市総合体育館

※12月3日(月)、カザフスタン戦19:00富山市総合体育館
国民上げて、応援しましょう。

2018年9月17日月曜日

●全日本バスケットボール選手権二次予選★福島教員A・2回戦で黒田電気(関東実業団)に大健闘

◎上記は9月17日(月)全日本選手権二次予選(2回戦)・福島教員Aが出場しました。
1回戦は東北学院大学に貫録勝ちしましたが、2回戦で関東実業団の黒田電気に敗退しました。


■【鳥居センター長の独り言】久しぶりに感動したゲームでした。福島教員A


★福島教員Aは円谷元康監督・小川貴之主将のチームワークと生徒の指導の気持ちが伝わるゲームでした。

※これぞ教師の鏡ですね。感動しました。ご指導を受けてる生徒は幸せですね。
福島教員A85対104黒田電気(関東実業団)点数ほどでなく、最後まで接戦でした。

●私も福島県チームが久しぶりに躍動するゲームを観戦して、気持ちが高まり、菅生PAで牛タンを購入して帰ってきました。
(福島県チーム頑張っれ!楽しく観戦・応援していきます。)

2018年9月16日日曜日

◆No18郡山市バスケット教室(男子・あさか開成高校)★FIBAアジアW杯2次予選・渡邊雄太、八村塁の躍動

◎上記は9月16日(日)、男子郡山市バスケットトセン活動をあさか開成高校で9:00~12:00で行いました。
指導者は清和副センター長の新ステップドリルを丁寧にわかりやすく、指導していただきました。
他に鳥居センター長・岩田先生・椎野収一さんです。



●《練習内容について》感想新ステップドリルを主体に徹底的指導(清和副センター長)


1・体操・ランニング
2・体幹トレーニング(肩甲骨体操・しっこ股割・下肢強化等)
3・新ステップドリル5種目
4・スリーポイント1本
5・オールコート1対1Defを腕アーム・でかんばる。
6・4人アーリーでエルボーからシュート
7・ゲームは4人アーリーを生かして、のびのびやりたいことを意識してやっていました。
これが上手くなるコツです
ね。



■【鳥居センター長の独り言】アジア2次予選・白星発進


★日本バスケ代表はFIBAバスケW杯地区2次予選はカザフスタンを破っり、白星発進・・・・渡邊雄太選手と八村塁選手が攻守に躍動した。日本85対70カザフスタン

★スタメンは富樫勇樹(千葉ジェッ)
比江島慎(ブリスベン・バレッツ)
竹内讓次(アルバルク東京)
渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)
八村塁(ゴンサガ大学)が先発を務めた。

◆No17郡山市バスケット教室(あさか開成)★ビルラッセル(成功の過程に奇跡なんて無い)歴代最多NBA優勝

◎上記は9月16日(日)、郡山市バスケットトレセン活動をあさか開成高校体育館で9:00~12:00まで行いました。

あさか開成は県高校選抜大会出場を決まってますが、トレセン教室のために体育館を開けていだたぎました。
生徒さんにはご指導までしていだたぎありがとうございました。
指導者は岩田先生・鳥居センター長・清和副センター長・椎野収一さんです。


◎※名言をあなた(ビルラッセル:NBA歴代最多優勝・シーズンMVP5回)


★僕がどれだけ、試合で上手くプレーできたかを計る要素は、どれだけ他の選手を活かす事ができたかでわかる。


★人生の機会を後悔する事に費やしながら生きている人と、人生に夢を持って生きている人を分けるのは決意だ。


●《練習内容について》感想

※岩田先生(女子)はあさか開成高校の練習メニューと清和副センター長の新ステップドリルのファンダメルを徹底的してやっていただました。
詳細は受講生に聞いて下さい。
ゲームは高校生の胸を借りて、のびのび楽しく、力強く平常心でやれるようになりました。



■【鳥居センター長の独り言】前回全中優勝の西福岡の鶴我先生の指導方法について



★「苦しい時こそ顔をあげる選手」

1・指導する上で大事にしていること。

※福岡のミニ指導者はクレイジーな人が多いのです。
ダンク以外は何でもできのです。入ってくる時点でのレベルが全然違うんです。

※「一人が一人をブチ抜く能力」「一人がガツンと守る能力」を大切にしている。
徹底的に要求します。


2・その積み重ねは技術だけでなくメンタルの強い選手を育てること。
常に競い合いから選手たちが精神的な強さを身につける。

※みんな志を持って入ってくるので「笛吹けども踊らず」という選手はいません。



■【鳥居センター長の独り前回言】全中優勝の指導方法「彼らがバスケを通じて何を学ぶのか」


3・私は怒鳴り上げているだけですよ。

※それでも大事にしているのは真摯に取り組む。
※相手に対して敬意を払うことです。
※大差がついたゲームでも相手から学べます。
※やられても顔を下げず、向かってくる。一生懸命に声を出す。
※理想は自主性を育てて、選手が自分で判断すること。

★教え子がバスケ界で活躍しているのか。

※自分の可能性をずっと信じられる」という子でしょう。
あとは巡り合いです。(監督、トレーナー、先輩)も大きいです。


4・プレッシャーを感じることはありませんか。


※一つはチームを勝たせるのが、私の目的ではないからです。
彼らがバスケを通じて何を学ぶのか、私たちが勝負するのはそこなんです。

※これは矛盾しているかもしれませんが、私たちは教育者ですが、勝負師の一面も持っているんです。

※コートに立つ以上は何がなんでも勝ちたい。
その意識はあります。
「人間力の向上なくして、競技力の向上なし」をモットーにやっています。

2018年9月10日月曜日

●全米テニスオープン「大坂なおみ選手(20歳)」日本史上初優勝!★快進撃の陰に「運命だった」新コーチとの出会い

◎上記は全米オープンテニスで大坂なおみ選手(20歳)が日本史上初の4大大会シングルス決勝で、セリーナ・ウィリアムズ(米)を破って優勝した。(ブログ各社の文から抜粋)



■【鳥居センター長の独り言】快進撃の陰に「運命だった」新コーチとの出会い


★大坂なおみ選手は世界ランキング68位だった彼女を19位(現在7位)まで急上昇した背景には、今季からコーチを務めるドイツ出身のサーシャ・バイン氏(33歳)の存在がある。

★バイン氏は自分自身は選手としては大成せず、早々とコーチ業への転身を図った。
22歳から、4大大会23度優勝のセリーナ・ウィリアムズ(米)のヒッティングパーサーを8年ほど務めた。

「セリーナから4大大会で優勝するには何が必要か、という最高峰の蓄積を得た。」なおみに伝えることができる。
「新しいコーチ」「メンタル成長」「体幹トレーニング強化」



■【鳥居センター長の独り言】COACHの語源は「四輪馬車」です。


★早稲田の深見氏はCOACHの語源は「四輪馬車」である。
MOTOR COACHは客を目的地まで確実に届けること。
相談なしに、行き先を決めたり、変更したり、すべきではない。
客が道を迷ったら、現状を教えてあげる。

★指導者は選手の主体性や目的を尊重し、選手の能力を引き出し、伸ばしてあげる。

※「自分で考えて自分で問題解決できる選手を育てることです。」
指導者の大切な役割です。

2018年9月9日日曜日

◆No16郡山市バスケット教室(守山小学校)★コーチを評価する7つのポイント・コーチが信頼できる。

◎上記は9月9日(日)、郡山市バスケット教室を県南高校1年生大会の為、守山小学校体育館で9:00~12:00をお借りして行いました。
守山小学校には感謝しています。今後もよろしくお願いいたします。

※今回も男女共に郡山・須賀川・県南地区からも受験勉強中にかかわらず、トレーニングに参加していただきました。
「夏を制することができましたか」これからでも遅くありません。
指導者は鳥居センター長・清和副センター長・椎野収一さんです。



●《練習内容について》感想清和副センター長のファンダメンタルや新ステップのドリル




1・体操ストレッチ・
2・体幹トレーニング7種目
3・ピボットターンY字連続
4・ドリブルドリル
5・新ステップドリルG-F左右
6・サイドパスから帰りはツーメンパス
7・サイドパスから帰りはドリブル1対1
8・ゲームは前にボールを進め、空いたらシユートする。ドライブでやっける。そして、インサインサイドにいれる。横のパスをしたら、バスケカットをする。
しかし、シュートが安定していない。
楽しくのびのび、真剣に取り組んでいました。



■【鳥居センター長の独り言】ブログからGSLバスケコーチ選手のため抜粋


★優れたコーチを評価する7つのポイント、信頼できるコーチ(小・中学校生の保護者の目)


1・コーチが勝つことばかりにこだわっていないか。

※練習中・試合に声を荒げてばかりいる。※上手な選手ばかり夢中でいる。


2・ファンダメンタルをしっかりと教えているか。

※技術をしっかり、丁寧に正しく指導しているか。


3・全ての選手を多くの時間で練習に参加させているか。

※しっかりと練習計画をしているか。


4・試合形式の練習ばかりしていないか。

※個人スキルや分解練習を学び、取り組んでいるか。


5・選手の疲労を考慮しているか。

※選手の健康管理をしているか。


6・子どもはいろいろなスキルを練習するための方法をしているか。

7・子どもは自己改善を目指しているか。

※どのように達成しようとしているか。※練習させるのは簡単だが、自分で考えて行動ができるか。


●全てがあてはまるわけではありませんが、個人やチームの価値観に沿ったものを選んで、子どもの競技人生をサポートとするための指標と思っていただきたい。

2018年9月6日木曜日

●ボンズ1部昇格へ決意!「9月29日ホームで開幕」★対戦東地区・仙台89ERS「今季こそB1昇格を果たす。」

◎上記はプロバスケ男子Bリーグ2部のファイヤーボンズは2018~2019シーズンの開幕に向けて、本格始動した。


★村上主将は「選手の半数以上が入れ替わたが、今季こそB1昇格を果たす。」


★森山HCは「選手たちが持ってる力を存分発揮できるチーム作りを進める。」


●スタッフ・ブースターともに元気よく、心をこめて挨拶から1部昇格を!
"頑張れボンズ"応援しょう。(センター長)



■【鳥居センター長の独り言】BASKET COUNT千葉ジェッツを変えた大野コーチング理念


★千葉ジェッツは激戦の東地区を制し、天皇杯連覇を達成した。観客動員数もリーグトップと実力と人気を兼ね備えたクラブを確立した。

★急成長を遂げたのは、この2年のこと。
大野が就任3年目、コーチングに変化。今までは戦う意識とか気持ちとか、チームとしてどうあるべか、問いかけてきました。

★だらけてしまう状況があれば、「モチベーションがあって、あなたたちはここに立ってるんだよね」「覚悟を持ってやっているんだよね」

★自分でこの金額にアグリーメントして契約書に判を押して、ここにいるんだよね。
それに対して、相応しい言動や行動をしなさい。選手たちがコートの中で体現してくるようになりました。
それは成長だと思います。
メンタリティの部分が一番大事だと思います。

2018年9月3日月曜日

●第55回県高校バスケット選手権大会県南地区予選会★優勝郡山北工(男子)優勝郡山商業(女子)・全国ウィンターカップ目指せ

上記は9月1日(土)~3日(月)で県高校選手権県南地区予選会を郡山北工、郡山商業で行われました。
各チーム仕上がりがいい感じですね。県大会が楽しみですね。応援します。



●《試合結果について》


★男子 優勝郡山北工・第2位日大東北


★女子 優勝郡山商業・第2位帝京安積

2018年9月2日日曜日

◆No15郡山市バスケット教室(守山小学校)★NBA名将フィルジャクソン《君の課題に終わりはない》

◎上記は9月2日(日)、県南高校選抜大会の為、守山小学校体育館をお借りしました。椎野収一さんに会場の準備や後片付けをやってい
ただきました。

受講生は県南高校選抜大会にもかかわらず、古殿や船引・須賀川地区かからもたくさん参加していだたぎました。保護者の送迎毎週ありがたいですね。

指導者は鳥居センター長・椎野収一さん・清和副センター長です。
受験生は夏を制したせいか、練習ドリルに自信をもってプレイをしていました。



◎名言をあなたに(マイケル・ジョーダンNBAの神様)


★何かが障害として

立ちはだかっているように感じても、

実際には何もない。

ただ、ベストを尽くすチャンスと、

ある程度の成功を収められる。

可能性があるだけだ。


★一度心に決めたなら、

それについて振り返ることはしない。


★挑戦することを恐れるな、

自分が挑戦しないことを恐れろ。



●《練習内容について》感想ミニ国体観戦からシュート主体のドリル


1・ミニ国体での福島県チームの修正からシュートの確立、清和副センター長の指導に磨きがかかってきました。(さすが成年男子コーチですね。)
2・アップ・体幹トレーニング(30秒)5種目
3・ドリブルドリル・レックスル・ロール・インアウト
4・サイドステップからのドリル・ドライブ・サイドステップ・フローターシュート
5・サイドから内側ドリブルからシュート
6・シュートドリル・縄跳びシュート・4個所から
7・ゲームは前に進める。空いたらシュート・パスをしたら、バスケカットして、スペースを作る。
のびのび楽しく、やっていました。これが高校でのバスケにつながります。



■【鳥居センター長の独り言】フィルジャクソン《君の課題に終わりはない。》
(シカゴブルズ6回、レイカーズ6回優勝の名将)



★コーチングする上で一番大切なことは、自分がやろうとしている事に自信を持つ事だ。

★精神的に選手を助けられないとダメだ。
心からサポートして、彼らと関わりを持つ事。選手の心をつかむ。

★君の課題に終わりはない。ただ、内容が変わるだけだ。

★自分がバスケットで成し遂げようとしている事を信じるために。

2018年8月30日木曜日

●アジア大会(ジャカルタ)競泳で池江璃花子選手(高校3年)6冠達成★「世界で勝たなきゃ意味がない。」

◎上記は民友社から・ジャカルタ・アジア大会の24日、最終日競泳で池江璃花子選手(18歳)が6冠を達成した。

※日本選手の一大会最多獲得記録を塗り替えた「アジアの女子王」が、2年後の東京五輪へ弾みをつけた。



■【鳥居センター長の独り言】世界で勝つために、「大きな決断」指導者・コーチをかえた。ブログ文から



★池江璃花子選手は「世界で勝つ」ために2年後のメダル獲得に向けて「大きな決断」をした。

★世界トップ選手の指導方法を2年間イギリス留学して学んできた。
三木二郎氏(35)にコーチをお願いした。

※池江璃花子選手を一流から超一流になれるかという素質はすごくある。
そこから、どこを私が引き出してあげるかです。

★池江選手はすごく選手の気持ちを分かってくれる。
世界のトップスイマーの練習メニューも参考にできるのもすごくいいところです。

●受験生は指導者の評価が高く、人間的に成長させて、技術を高めてくれて、引退後進路をいしょに考えてくれる指導者がいいのではないでしょうか。?